1. 利用規約

iPlet利用規約(以下、「本規約」という)は、株式会社アイカンシャ(以下「当社」という)が提供するスマートフォン用アプリ作成・管理ツール(以下「本サービス」という)は本規約を承認したうえで本サービスを利用するものとします。

  1. ユーザーへの通知
    1. 当社からユーザーへの通知は、特別な定めのない限り、通知内容を電子メール、書面又は当社のウェブサイトに掲載するなど、当社が適当と判断する方法により行います。
    2. 前項の規定に基づき、当社からユーザーへの通知を電子メールの送信又は当社のウェブサイトへの掲載がなされた時点から効力を生じるものとします。
  2. 本サービスの申込方法
    1. 本サービスの申込者は、代理店が用意した申込書およびウェブサイトより申込みを行うものとします
    2. 代理店のウェブサイトから申し込む場合には、ウェブサイト上の申込フォームのすべての項目を漏れなく入力したうえ、画面に表示される手順に従って送信の操作を行ってください。
  3. ユーザー登録
    1. 当社は、前条に定める方法にて利用申込みを受付け、必要な審査・手順等を経た後に利用を承認します。
    2. 当社は、利用申込者が以下のいずれかに該当する場合、その者の利用を承認いたしません。
      1. 利用申込者が実在しない場合
      2. 利用申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記入または記入漏れがあった場合
      3. 利用申込者が過去に本規約の違反を行っている場合
      4. その他当社が不適切と判断した場合
    3. ユーザーは、当社への届出内容に変更があった場合、速やかに変更の届出を行うものとします。届出を行わなかったことによりユーザーが不利益を被った場合、当社は一切その責任を負いません。
    4. 当社は、ユーザー情報の取り扱いには最大限の注意を払い、別途定めるプライバシーポリシーを遵守します。
  4. 本サービスの申請代行
    1. 本サービスは、前条に定めるユーザー情報を元にスマートフォンアプリ(以下「アプリ」という)を生成し、当社がアプリを米Apple Inc.(以下「アップル社」という)の運営するAppStoreおよび米Google Inc.(以下「グーグル社」という)の運営するGooglePlayに申請代行し、掲載されるよう手続きを行います。 但し、申請したアプリは、アップル社およびグーグル社による審査が行われるため、当社は、掲載について一切保証いたしません。
    2. AppStoreへの申請を円滑にするため、ユーザーは当社がアプリ紹介文等の申請内容を編集することを認めるものとします。
  5. 本サービスの利用開始
    1. 本サービスは、当社から管理画面・ID・パスワードが発行された時点でサービス利用開始とし、公開のお知らせを電子メールの送信または当社が適切と判断する方法により通知します。
    2. ユーザーは、本サービスを本規約に定める条件に従って利用できるものとします。
  6. 利用料金・支払方法
    1. 料金当社の提供する本サービスの各サービスプラン、追加オプションの料金については予めその額を定め、本サービスのウェブサイトへ掲載するものとします。ユーザーは、次の各号に掲げる料金を当社に支払うものとします。
      1. iPlet初期費用

利用者はiPletの初期費用として、申込書およびWEBサイトの初期導入欄に表示されたiPlet初期費用の料金に該当する金額を支払うものとします。

  1. iPlet基本利用

料利用者は、毎月1日付に本契約が継続していることを条件に、申込書およびWEBサイトのサービス利用料欄に表示されたiPlet基本利用料の料金に該当する金額を支払うものとします。

  1. 料金の変更

当社は、法制度の改正、経済情勢の変動により、前項に定めた料金の額を変更することがあります。変更された料金額は、本サービスのウェブサイトへの掲載等、当社が適切と判断する方法でユーザーに通知します。

  1. 初期費用の支払い方法

利用者は、申込書およびWEBサイトに定めた支払期日までに、当社指定の支払口座へ入金するものとします。なお、振込手数料その他関連として必要となる手数料は利用者が負担するものとします。

  1. iPlet基本料金の支払い方法

利用者は、「当社専用ID」が発行された月(以下「サービス開始月」といいます)をiPlet基本利用料の課金開始月とし、申込書およびWEBサイト記載の決済代行会社の支払期日に利用者の銀行口座より引き落とし、当社にiPlet基本利用料を支払うものとします。ただし、当社はiPlet基本利用料の請求業務を株式会社ラクーン(以下「請求業務受託会社」といいます)に委託し、当該会社が、再委託する決済代行会社(ただし、申込書およびWEBサイト記載の決済代行会社をいい以下「決済代行会社」といいます)を通じて、決済代行業務をおこなうものとし、利用者は、第二十四条の規定に拘らず、これを承諾するものとします。なお、課金開始月および支払方法については、別段の定めがある場合はこの限りではないものとします。

  1. 決済代行会社の諸手続き

利用者は、決済代行会社の書類に必要な必要事項を記載および押印し、当社が指定した期日までに、決済代行会社または当社へ当該書類を提出しなければならないものとします。なお、当社は利用者に対して、事前に通知することにより、本条4項および第5項に定める請求業務受託会社または決済代行会社を変更することが出来るものとします。

  1. 消費税

本条第1項①号乃至②号の料金の支払いについては、利用者は、本サービス料金に消費税相当額を加算した金額を支払うものとします。なお、消費税相当額は利用該当月の税率により計算するものとし、消費税法の改正によって税率に変動が生じた場合は、変動後の税率により計算するものとします。

  1. 本サービスのアップグレード

当社は、随時本サービスのアップグレード版を提供します。その際、アップグレード版への切り替え作業に、別途費用が必要になる場合があります。アップグレードとは、古いバージョンから最新のバージョンに入れ替えることを指します。

  1. 本サービスの利用中止
    1. ユーザーは、本サービスを中止する場合は、当社所定の届出方法に従い届出を行うことにより、本サービスを中止することができるものとします。ただし、初めのニ年は「ニ年契約」となり、ニ年契約の途中で本サービスの利用を中止する場合は、利用中止年の利用料金を支払うものとします。
    2. 当社は次の場合、本サービスの解約を行うことがあります。
      1. 当社が指定する期日までに本サービスの利用料金の入金が確認できなかった場合
      2. 当社から電子メールの送信で連絡を行っても1週間以内に返信がない場合、又は連絡がとれなくなった場合
      3. アプリがAppStoreおよびGooglePlayの両方が掲載対象外となり、再掲載の見込みがない場合、当社より電子メールの送信または当社が適切と判断する方法で通知し、本サービスの利用を中止するものとします。但し、この場合、ユーザーが既に支払った利用料金は当社は返金の義務がないものとし、ユーザーも返金の請求をしないものとします。
    3. 前項の規定に基づき、当社が本サービスの解約を行った場合、直ちに当該ユーザーのアカウントを停止し、ユーザーへ通知するものとします。通知後1ヶ月以内にユーザーより何ら連絡がない場合、当社は当該ユーザーのアプリデータを削除できるものとします。
  2. IDおよびパスワードの管理責任
    1. ユーザーは、自己のID、パスワードの使用および管理について一切の責任を負うものとします。
    2. 当社は、ユーザーのID、パスワードが第三者に使用されたことによって当該ユーザーが被った損害について、当該ユーザーの故意過失の有無にかかわらず一切責任を負いません。
  3. サービスの一時的な中断

当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく一時的に本サービスを中断することがあります。

  1. 本サービス用設備等の保守を緊急に行う場合。
  2. 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合。
  3. 地震、噴火、洪水、津波等の天災地変により本サービスの提供ができなくなった場合。
  4. 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。
  5. その他、運用上または技術上当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合。
  6. サービス提供の中止
    1. 当社は、事前通知をした上で本サービスの全部または一部の提供を中止することがあります。ただし、緊急やむを得ない場合は事前通知をせず中止することがあります。
    2. 当社は、前条またはその他の事由により本サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因するユーザーまたは第三者が被った損害について一切責任を負いません。
  7. 当社の財産権
    1. ユーザーが送信(発信)したものならびに予めユーザーより支給された固有デザイン、ロゴ、写真、名称の範囲、付随する意匠デザインの著作権を除き、サービスに含まれているコンテンツ、個々の情報(データ)および情報(データ)の集合体に関する財産権は当社に帰属しています。
    2. 本サービスに使用されているすべてのソフトウェア(以下「ソフトウェア」という)は知的財産権に関する法令等により保護されている財産権および営業秘密を包含しています。
    3. 本サービスの提供、利用促進および本サービスの広告・宣伝の目的のために、当社は本サービスへ送信された情報を、無償かつ非独占的にインターネットサイトおよび紙面媒体へ掲載することができるものとし、ユーザーはこれを許諾するものとします。
  8. 申込者および利用者の資格・保証

申込者および利用者は、事業を経営し、日本国に住所または事務所を有する法人、個人であり、本サービスを自己の事業に使用することを保証し、これらの資格がないか、または保証できない場合は、本サービスの申込も利用もできないものとします。

  1. 申込・承諾
    1. 申込者が、署名・捺印した申込書を当社に提出し、当社が、これを受け付けて、必要な審査・手続き等を経て、これを承諾した場合に、本契約が成立するものとします。
    2. 申込書の提出にあたっては、当社が指定した第三者による取次を認めるものとします。
    3. 申込書の提出は、当社が認める場合に限り、前二項各号以外の方法による申込を行うことができるものとします。
    4. 当社は、本条第1項の承諾をもって成立するか、もしくは、当該承諾がなくとも、当社が「当社専用ID」を発行したとき(以下「利用開始月」といいます)をもって、承諾したものとし、本契約が成立するものとします。
    5. 当社は、次の各号に該当する場合には、本サービスの利用申し込みを承諾しないことがあります。
      1. 当社の取引審査の結果、取引開始の承認が降りない場合。
      2. 本規約第十四条(申込者および利用者の資格・保証)に違反するおそれがある場合
      3. 申込に係る本サービスの提供または当該サービスに係る装置の保守が技術上著しく困難な場合。
      4. 申込者が、本契約上の義務を果たせないおそれがあることが明らかである場合
      5. 申込者が、本規約第ニ十条(禁止事項)に該当する行為を行ったことがある場合または行うおそれがある場合。
      6. 申込書の記載に虚偽のあることが判明した場合。
      7. 本契約あるいは、当社の提供する他の商品、申込者と当社の間で締結している本契約以外の契約において、債務不履行または当社より当該契約の解除がなされていた場合。
      8. その他前各号に準ずる場合で、当社が本契約の締結を適当ではないと判断した場合。
    6. 前項の規定により、当社が本サービスの利用申込を承諾しない場合は、当社は、申込者に対してその旨を告知します。申込者は、当社の判断に対して、異議を申し出る事はできないものとします。
  2. 登録情報
    1. 申込者は、申込書に、正確な情報を記載しなければならないものとします。万一、申込書の記載事項に基づき登録した情報に変更・間違いが生じた場合、申込者および利用者は、速やかに、当社が指定する方法で情報の変更手続きをおこなうものとします。ただし、当社が別途指定した場合、申込者および利用者はその指示に従うものとします。
    2. 利用者が故意・重過失により登録した情報が誤っていた場合、当社は自己の判断で、本サービスの提供を停止し、本契約を解除することができるものとします。その場合、申込者および利用者は、本サービスの停止または本契約の解除による損害を当社に請求することができないものとします。
  3. 利用者の責務
    1. 利用者は、本サービスの提供を受ける場合、特定商取引法、割賦販売法、不当景品および不当表示防止法、薬事法、その他関係法令を遵守するものとします。
    2. 利用者は、本サービスの提供を受け、顧客から予約または問合せ等を受け取った場合は、遅滞なくその処理に着手しなければならないものとします。
    3. 利用者は、商品・サービスの品質維持およびイメージの維持に尽力し、これを妨げる行為の全てに責任を負うものとします。また、本サービスのブランドを維持するため、当社は、利用者に対して、必要な範囲内で掲載情報の是正・改善を求めることができ、利用者は当社の指示に従わなければならないものとします。
    4. 本サービスの利用において、利用者の不注意によって発生した事故および損害は、利用者が全ての責任を負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
    5. 利用者が本サービスの利用によって、他の本サービス利用者や第三者に対して損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任をもって解決し、当社は一切の責任を負わないものとします。
    6. 利用者が本規約に違反する行為をしたり、または不正もしくは違法な行為をしたりして、当社に損害を与えた場合は、当社は利用者に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。
  4. インターネット、その他環境
    1. 利用者は、本サービスの利用に際して、コンピュータ機器および通信機器の設置、ソフトウェアおよびインターネット接続業者との契約等、インターネットを接続するために必要な機器および環境を自己の費用と責任において準備するものとします。また、本サービスを利用するために要した電話料金、利用者側で契約されている専用線等の利用料および申請料金等は、利用者または利用者からアカウントの貸与を受けている第三者の負担とします。
    2. 当社は本サービスを提供するにあたり、有害となる他のソフトウェアの使用を禁止することがあります。利用者が当該ソフトウェアを用いた場合は、当社が提供する本サービスを停止・中止することがあります。
  5. 当社指定ツールの使用許諾・制限
    1. 利用者は当社の書面による承諾を得ることなく、第三者に本サービスを提供することができないものとします。
    2. 利用者は、本サービスをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、修正、改変し、または本サービス派生ソフトウェアを作成することはできません。また利用者はツールの構成部分を分離して使用することはできません。
    3. 本契約は、利用者に対し、当社の商標またはサービスマークの使用、その他関連した権利を許諾するものではありません。本規約で明記されていない権利については、当社に留保されるものとします。
  6. 禁止事項
    1. 利用者は、本サービスを利用するにあたり、別紙1に該当するかまたはそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
    2. 利用者は別紙1に該当するかまたはそのおそれがある情報を発信するサイトへのリンクを設定してはならないものとします。
    3. ユーザーは以下の各号に該当する禁止行為をしてはいけません。
      1. 著作権、特許権等の知的財産権を侵害する行為
      2. 名誉毀損行為、侮辱行為や他者の業務妨害となる行為
      3. 他人のプライバシーを侵害する行為や個人情報保護法に抵触する行為
      4. 不正アクセスをするなど不正アクセス禁止法に抵触する行為
      5. 犯罪に関わる行為あるいは法令に違反する行為
      6. 公序良俗に反する行為、あるいは社会的に不適切な行動と解される行為
      7. 当社が不適切と判断した広告バナー、広告テキストまたは広告ハイパーリンクの表示
      8. 本サービスを管理するサーバーなどに過負荷を与えるプログラムなどの設置および行為
      9. 本サービスの利用にあたり、当社が不適切と判断する行為
  1. 反社会的勢力の排除
    1. 当社およびユーザーは、相手方に対して、ユーザーが本規約に同意した日および将来にわたって、自己又は自己の役職員が次の各号に掲げる者(本規約において、「反社会的勢力」という。)でないことを表明し、保証します。
      1. 暴力団、暴力団の構成員(準構成員を含む。)又は暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者。
      2. 暴力団関係企業。
      3. 総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団またはこれらの団体の構成員。
      4. 前各号に準じるもの。
    2. 当社およびユーザーは、次の各号のいずれかに該当する行為若しくは該当するおそれのある行為を行わず、または第三者をして行わせしめないことを相手方に対して表明し、保証します。
      1. 暴力的な要求行為。
      2. 法的な責任を超えた不当な要求行為。
      3. 取引に関して、脅迫的な言動を行い、又は暴力を用いる行為。
      4. 風説の流布、偽計若しくは威力を用いて信用を毀損し、又は業務を妨害する行為
      5. 前各号に準じる行為。
    3. 当社およびユーザーは、相手方が前2項に定める表明保証に反した場合は、将来に向かって直ちに本サービスの解除を行うことができます。
    4. 当社またはユーザーが本条に定める解除を行ったときは、本サービスは、その解除の通知を相手方に発信した日をもって終了します。
    5. 当社およびユーザーは、本条に定める解除を行った場合であっても、相手方に対する損害賠償請求権を失わないものとします。なお、解除された当事者は、解除した当事者に対して損害賠償を請求することはできません。
  2. 本規約の変更
    1. 当社はユーザーの了承を得ることなく本規約を変更することがあります。原則として変更日の1週間以上前に変更内容を本サービスのウェブサイト内に掲載することによりユーザーへ通知します。緊急を要する場合は予告なく変更することがありますが、その場合はウェブサイト内にて事後掲載することによりユーザーへ通知します。ユーザーが閲覧可能となった時点で変更の効力が生じ、変更の効力発生後もユーザーが本サービスの利用を継続する場合、変更後の本規約を承認したものとみなします。
    2. 変更後の規約は、前条の規定によりユーザーへ通知するものとし、ユーザーからの異議申し立てがない限り通知日をもってユーザーが同通知の内容に同意したとみなします。
  3. 本サービス・プログラムの変更・追加または廃止
    1. 当社は、本サービスおよびプログラムの全部または一部をいつでも変更、追加または廃止することができるものとします。この場合、本規約第二十二条(本規約の変更)の規定に準用するものとします。
    2. 当社は、前項による本サービスおよびプログラムの全部もしくは一部の変更、追加または廃止につき、何ら責任をおわないものとします。
  4. 第三者への業務委託

当社は、本サービスに関する業務の全部または一部を、利用者の事前の承諾を得ることなく、または通知をおこなうことなく、第三者へ委託できるものとします。

  1. ID・パスワードの管理
    1. 利用者は、当社が本サービスの利用に関して付与したID・パスワードについて責任を持って管理するものとし、第三者の不正使用等に起因する全ての損害について責任を負い、当社は一切責任を負わないものとします。
    2. 当社および利用者は、当社が利用者へ発行したID・パスワードによる行為は、利用者の行為とみなすものとします。
  2. 情報管理
    1. 当社は、利用者の要求に従って、有償または無料で、アプリ上で使用するための素材(写真・文章など、以下総称して「素材」といいます)を提供するものとし、素材提供が有償サービスとなる場合、当社は、利用者の書面による承諾を得るものとします。当社は、当社が提供する素材に関する著作権その他の権利を処理し、もしくは保有していることを保証し、素材をサイト上で使用することを許諾します。
    2. 前項の定めにより当社が提供した素材を除き、利用者は、アプリ上に掲載した情報に関する全ての責任を負うものとします。当社はアプリ上に掲載した情報を監視・削除する義務を負うものではなく、一切責任を負わないものとします。
    3. 本サービスに掲載する利用者に帰属する素材については、利用者の責任において、利用者自身でバックアップを行うなどして管理するものとします。当社は、利用者の素材のデータのバックアップ業務の責務を負うものではなく、素材の削除、紛失、破損等による損害に対して、一切責任を負わないものとします。
    4. 本規約第ニ十条(禁止事項)に該当する行為が発覚した場合、当社は利用者に事前に通知する事なく、当社サーバー内に格納された素材のデータを削除できるものとします。
    5. 本契約の契約期間満了、解約等により本サービスが終了した場合、当社は、利用者に事前に通知することなく、サーバー内の素材のデータを削除できるものとします。
    6. 本条第4項、第5項に基づく素材のデータの削除に関し、当社は一切の責任を負わないものとし、利用者は一切の異議申し立て、請求等を行わないものとします。
    7. 本規約第二十八条(秘密保持義務)に定める秘密保持義務にかかわらず、当社は、国の機関、地方公共団体等または法令に基づく第三者からの請求より、本サービスの利用に関する情報(秘密情報含む。以下同じ)の提出を求められ、当社が自己の判断により相当と認められる場合、本サービスの利用に関する情報を提出することができるものとします。
  3. 当社からの通知
    1. 通知等を行う必要があると判断した場合、電子メール、書面または当社サイトに掲載する等、当社が適当と判断する方法により随時通知するものとします。
    2. 当社が前項の通知等をサイト上で行う場合は、当該通知等をサイト上に掲載した日をもって、利用者に当該通知等が到達したものとみなします。また、電子メールによって通知等を行う場合には、当社が利用者に対して電子メールを発信した時点をもって、利用者に当該通知が到達したものとみなします。
    3. 利用者が当社に届け出た事項に虚偽、過誤、不備があり、当社からの連絡事項が届かなかったことによる損害については当社は一切の責任を負わないものとします。当社から利用者への郵送もしくは宅配による連絡の場合は、受け取り拒否、不在、その他の事情による配達物の不着や遅延があったとしても、通常要する期間の後に当該配達物は到着したものとみなします。
  4. 秘密保持義務
    1. 利用者および当社は、本サービスを利用または提供する上で知り得た、相手方の営業上の情報、技術情報、ノウハウ、経営情報(名称、住所等)等の一切の情報(以下「秘密情報」といいます)を秘密に保持し、本規約第四十二条(契約期間)に規定する契約期間中はもとより、同期間終了後においても、相手方の書面による事前の承諾なくして、他の利用者または第三者に開示・漏洩、もしくは、本サービスを利用または提供する以外のいかなる目的のためにも使用してはならないものとします。
    2. 前項の規定にかかわらず、次の情報は、秘密情報にあたらないものとします。
      1. 相手方より開示を受ける際にすでに自ら所有していたことを立証できるもの。
      2. 第三者から適法に秘密保持義務を負わずに入手したことを立証できるもの。
      3. 相手方より開示を受ける際に、すでに公知公用であったもの。
      4. 相手方より開示を受けた後、自己の故意または過失によらず公知公用となったもの。
      5. 相手方より開示された情報によらず、独自に創作・開発したもの。
    3. 利用者および当社は、秘密情報につき、第三者から法令に基づき開示が求められた場合には、当該第三者に対し秘密情報を開示することができるものとします。
    4. 利用者は、当社が、自己または第三者の商品・サービスを開発、改修等のため、属性を示す統計情報を作成することを目的として、利用者が本サービスを通じて得た利用者の顧客情報、取引情報等、サーバーに格納された各種情報を、利用者の承諾を得ることなく使用することを許諾します。
    5. 当社は、本サービスの提供・取扱商品の案内等の目的で利用者の秘密情報を株式会社ラクーンに対して開示することができるものとします。
  5. 個人情報の保護

利用者および当社は、個人情報の保護に関する法律上の個人情報取扱事業者に該当するか否かを問わず、同法に定める個人情報取扱事業者としての義務等を遵守しなければならないものとします。また、個人情報の保護を図るため、個人情報の取得、利用、第三者に対する提供等に関し、適正な取り扱いをしなければならないものとします。

  1. 個人情報の収集、利用、提供に関する同意
    1. 利用者は、当社および共同利用者(以下総称して「当社等」といいます)が、次の各号のとおり、個人情報の収集、利用および提供することに関し同意するものとします。ただし利用者は、当社が、共同利用者の範囲を当社のグループ会社並びに株式会社ラクーンと定め、当該共同利用者の個人データ管理上の責任を負うことに同意するものとします。
      1. 当社等が、利用者に本サービスを提供するため、利用者の個人情報を収集し利用すること。
      2. 当社等が、本サービスを提供するうえで、利用者から収集した個人情報が事実と相違ないことを確認するために調査を行うこと。
      3. 当社等および当社の提携する会社が、本サービスの提供に必要な範囲で、利用者に関する個人情報を相互に利用すること。
      4. 当社等が、新サービスの案内、メンテナンス(障害情報含む)のお知らせ等、利用者に有益かつ必要と思われる情報の提供のために利用者の個人情報を利用すること。
      5. 当社等が、本サービス解約後、業務の遂行上必要となる問合せ、確認すること。
      6. 当社等が、サービス向上にむけた意見収集のために利用者の個人情報を利用すること。
      7. 当社等が、本サービスを提供するうえで、当社の請負先に対して、利用者の個人情報を提供する場合があること。
      8. 当社等が、当社等の実施するキャンペーン等のイベントのお知らせ、アンケート依頼、統計資料の作成等を目的として、利用者の個人情報を利用すること。
    2. 利用者は、本規約第二十九条(秘密保持義務)に定める秘密保持義務にかかわらず、当社等が国の機関または地方公共団体等から要求された場合で当社が相当と認める場合には、利用者の個人情報を当該機関に当社等が開示する場合があることに同意するものとします。
  2. 個人情報の利用、提供中止の申出

利用者は、当社に対して、本規約第三十条(個人情報の収集、利用、提供に関する同意)第1項8号の利用について、所定の手続きに従い利用の停止を申し出ることができるものとします。なお、利用者は、同第1項第1号乃至第7号の同意事項については、本サービスの提供を維持するために必要不可欠な情報であることに鑑み、当社に対して個人情報の利用、提供の中止の申し出を行うことはできないものとします。

  1. 個人情報の開示、訂正、削除
    1. 利用者は、当社に対して、所定の手続きをとることにより、当社に登録された自己の個人情報を開示するよう請求することができるものとします。
    2. 利用者は、当社に対して、前項の開示請求に基づき、登録された個人情報に誤りのあることが明らかになった場合、誤情報の訂正または削除の請求ができるものとします。
  2. 著作権
    1. 利用者は、本サービスに付帯するプログラムに関する著作権その他一切の無体財産権が、当社または第三者に帰属することを確認します。また、利用者の依頼により、当社がプログラムにカスタマイズを行った部分も、その著作権その他一切の無体財産権は、当社または第三者に帰属するものとします。
    2. サイトまたはアプリへ情報を掲載するにあたり、利用者が提供した素材の著作物は、利用者が権利を保有するか、もしくは利用者の責任において、著作権者より権利処理を行うものとし、利用者は第三者の権利を侵害しない事を保証します。
    3. 当社が、利用者の依頼により提供した素材は、当社が著作権等の権利処理を行なうものとします。
    4. 当社が提供した素材、本サービスのシステムを通じて、利用者に提供したテンプレート素材および当社が第三者より、著作権の許諾を得た上で提供した素材(以下総称して「当該著作物」といいます)の著作権は、当社もしくは第三者が著作権を保有し、利用者に著作権を移転しないものとします。なお、当社と利用者との間で、本契約が継続し、利用者が当該著作物を本サービスに使用する限り、当社は利用者に対して、無償で、当該著作物の使用を許諾するものとします。
  3. メンテナンス

当社は本サービスの提供に関し、システムメンテナンスを施す必要を当社が認めた場合には、予め指定した方法で通知することにより、システムメンテナンスを行うことができるものとします。また、システム提供の停止、電気通信回線の異常、その他システム障害が発生した際には、当社は復旧についての最善の策を取りますが、その期間において、利用者ならびに利用者の顧客が不利益を被ったとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。当社の責めに帰すことが出来ない事由から利用者に生じた損害、特別の事情から生じた損害、逸失利益、および第三者から損害賠償請求に基づく利用者の損害等についても、責任を負わないものとします。

  1. クレーム処理
    1. 利用者の提供するサービスにおける苦情または取り消し、解約等に関する利用者の顧客とのトラブルは、利用者が解決するものとし、当社は何ら責任を負わないものとします。
    2. 前項の規定にかかわらず、当社が利用者の顧客と利用者間の紛争に巻き込まれた場合、当社は利用者に必要な協力を求めることができるものとし、利用者は当社に協力をするものとします。
  2. 免責
    1. 当社は、本サービスのサイトまたはアプリによりアクセスが可能な情報、ソフトウェア等について、プログラミング上の誤りその他の瑕疵のないこと、および特定の目的に適合すること、利用者その他第三者に損害を与えないこと、ならびに使用結果に関する完全性、適格性、正確性、有賠匪および適法性を保証しません。
    2. 当社は、コンピュータのソフトウェアやサーバー内包ソフトウェアに関して、本規約に規定されていないその他の保証を行いません。
    3. 当社は、利用者による誤操作、使用方法の誤り、メール誤送信等の結果、情報等が破損または滅失したことによる損害、若しくは利用者が本サービスから得た情報等に起因して生じた損害等、利用者および第三者の損害については一切の責任を負わないものとします。
    4. 利用者は、サイト上またはアプリ上に掲載した内容、質、取引の安全、債権回収等の一切につき、自己の責任と費用で対処するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
    5. 本サービスの内容の変更(バージョンアップ等)により、システム上の不具合が発生した場合、利用者の損害については、当社は一切の責任を負わないものとします。
    6. 当社は、利用者が本サービスの利用に関して、第三者との間で法律的または社会的な係争関係に置かれた場合でもこれらの係争の一切の責任を負わないものとします。
    7. 当社は、天災、台風、地震、その他の天変地異、戦争、暴動、内乱、法令、規則の改正、政府行為や、通信回線の障害、電気設備の障害、電気通信事業法第8条に定める処置、システムまたは関連設備の修繕保守工事等による運用停止についていかなる責任も負わないものとします。
    8. 当社は、本サービスの利用に供する装置(サーバー等)、ソフトウェアまたは通信網の瑕疵、動作不良、または不具合により、利用者に損害が生じたときであっても、当社は一切の責任を負わないものとします。ただし、当社の故意または重過失が理由で、サーバーが停止した場合は、本規約第四十条(損害賠償)第2項の定めによるものとします。
    9. 本サービスは、データ保管を保証するサービスを付帯するものではなく、本サービスのデータ毀損・紛失に対し、当社は一切の責任を負わないものとします。
    10. 当社の都合により、本サービスの一部または全部を廃止することがあり、その場合、利用者に生じた損害に関して、当社は一切の責任を負わないものとします。
    11. その他、当社に起因事由のない事項について、当社は一切の責任を負わないものとします。
    12. 付随サービスについても本条の規定を適用します。
    13. ユーザーが前条に定める禁止事項を行った場合、または本規約および関連する規約の一部もしくは全部に違反した場合、当社は直接的にも間接的にも一切の責任を負わないものとします。ユーザーの行為によって刑事・民事・行政上の責任が生じた場合、ユーザー自身においてその解決を図ることとします。
    14. 当社は本サービスの円滑な運営のため、ユーザーが前項に抵触する場合、またはその恐れがある場合、もしくは当社が必要と判断した場合、当社は予告なしに当該ユーザーに対する本サービスを停止し、当社サーバーに保存したデータを削除する事ができるものとします。その場合、当社は削除されたデータを復元する責任を負わないものとし、利用停止および保存データの削除に起因する直接的または間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。
    15. 当社は、本サービスにおいて、欠陥、一時停止、削除、変更、終了及びそれらに起因したユーザーまたは第三者の損害に対し、一切責任を負いません。
    16. 当社は本サービスにおいて開示されたコンテンツ及び同コンテンツのリンク先が提供するサービスの合法性、道徳性、著作権の許諾の有無、信頼性、正確性について一切責任を負いません。
    17. 当社はユーザーが自ら開示した情報により、他のユーザーまたは第三者との間における紛争、誹謗中傷、嫌がらせ、詐欺、ストーカー行為等の被害を受けた場合、同被害に関する損害について、一切責任を負いません。
  3. サービスの停止
    1. 当社は、利用者が次の各号の一に該当する場合、利用者に対して相当の期間を定めて催告をし、当該期間経過後もなお履行または是正をしない場合には、本サービスの利用を停止することができるものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、事前に催告することなく直ちに本サービスの利用を停止することができるものとします。
      1. 本契約に関して、利用者の申告事項に虚偽の通知または記載、誤記等が判明し、当社が本サービスに支障をきたすと判断した場合。
      2. 本規約第十八条(インターネット、その他環境)に定めた本サービスの提供を受けるための環境を準備ができない場合。
      3. 支払期日を経過しても本サービス料金を支払わない場合。
      4. 利用者が未成年、成年被後見人、被保佐人または被補助人(以下「制限能力者」といいます)であった場合、または制限能力者となった場合で法定代理人等による記名捺印がなされた同意書または追認書の提出がない場合。
      5. 本規約、または当社が別途定める規約等および法令等に違反した場合。
      6. iPletを利用した利用者の顧客からの苦情が頻繁に発生している場合。その他、利用者の顧客の保護の観点から、本サービスの提供停止等の措置が妥当と判断をした場合。
      7. 利用者の行為が、本規約第ニ十条(禁止事項)に定める禁止行為に該当すると当社が判断した場合。
      8. 利用者が本サービスに関する当社の業務の遂行または当社の設備、機器、システム等に著しい障害を及ぼし、または及ぼすおそれかおる行為をした場合。
      9. 当社が提供する他のサービス契約を締結している場合において、当該サービスについて利用停止事由が発生した場合、またはこれらの利用を停止された場合。
      10. 利用者について、仮差押、差押、競売、破産手続開始、会社更生手続開始、民事再生手続開始等の中立があった場合、または、公租公課等の滞納による処分を受けた場合。
      11. その他、本サービスの利用者として不適当であると当社が合理的に判断した場合。
    2. 本条に基づき本サービスの利用が停止された場合であっても、本契約が解除されるまでの間については、利用者は料金等の支払義務を免れないものとします。また、当社は本条に基づく本サービスの利用停止により利用者に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
    3. 本条に定める利用停止事由が解消され、利用者が本サービスの再開を希望する場合、利用者は所定の再設定費用を負担するものとします。
  4. サービスの緊急停止

当社は、利用者側の本サービスの緊急停止要請に関して、原則としてこれを受付けません。本サービスの緊急停止ができなかったことによって利用者が損害を被った場合も、当社は一切の賠償責任を負わないものとします。

  1. 遅延損害金

利用者が本サービスの料金等の支払期日を経過しても支払わない場合、利用者は、遅延期間につき、年1 4.6%の割合(日割計算)で計算した額を、延滞損害金として当社に支払うものとします。延滞損害金は、当社が指定する方法で支払うものとし、振込手数料は利用者の負担とします。

  1. 損害賠償
    1. 当社は、利用者に対し、本サービスの利用により発生した一切の損害について、原則としていかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする義務もないものとします。
    2. 当社の故意または重過失が理由で、サーバーが停止した場合、当社は、サーバー停止期間のiPlet基本利用料相当額を上限として損害賠償の責任を負うものとします。
    3. 本規約第三十六条(免責)に規定する事由以外で、当社の故意または重過失により、利用者に直接かつ現実に損害が発生した場合、当社は、損害発生日からさかのぼって過去1ヶ月間に利用者が当社に支払ったiPlet基本利用料をその賠償額の上限として損害賠償責任を負うものとします。
    4. 利用者が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社は、利用者に対して、損害賠償の請求を行うことができるものとします。
  2. 権利義務等の譲渡等の禁止

利用者は、第三者に対し、本契約上の地位の移転、本サービスの提供を受ける権利、iPlet基本利用料の支払義務等、本サービスに関連して発生するすべての権利義務の譲渡、売買等の処分、名義変更または契約上の地位もしくは権利義務に対する質権の設定その他担保の提供を行ってはならないものとします。

  1. 契約期間

本契約の契約期間は、利用開始月から始まり、サービス開始月から二年後を満了月とします。ただし、当社または利用者より、契約期間満了の前月25日までに書面による予告がないかぎり、同一の条件で、ニ年間契約期間を延長するものとし、以後も同様とします。

  1. 中途解約

利用者は、契約期間中は本契約の解約をすることができないものとします。ただし、利用者は、止むを得ない事情かおる場合、契約期間満了月までの残存期間に相当する本サービス料金を当社に支払うことによって、本契約を即時解約することができるものとします。

  1. 解除
    1. 利用者が次の各号の一に該当する場合、当社は、利用者に催告なく解除できるものとします。なお、当該解除に関する通知は、利用者が当社に届け出た利用者自身の連絡先への通知をもって利用者に到達したものとみなします。
      1. 本規約に違反し、または本規約第三十七条(サービスの停止)に該当し、相当な期間の予告をもって、催告したにもかかわらず、是正がなされない場合。
      2. 利用者の顧客または第三者から、当社に苦情があり、当社が不適切と判断した場合。
      3. 本規約第ニ十条(禁止事項)に違反、または虚偽の申告をしたことが判明した場合。
      4. 本サービスの運営を妨害した場合。
      5. 自ら振り出し、または裏書した手形または小切手が1通でも不渡処分を受けた場合。
      6. 租税公課の滞納処分を受けた場合。
      7. 自らの債務不履行により、仮差押、仮処分や差押等の強制執行を受けた場合。
      8. 任意整理手続が開始された場合、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算の中立がなされた場合。
      9. 解散、分割または営業の全部または重要な一部の譲渡を決議した場合。
      10. 監督官庁から営業取消、営業停止等の処分を受けた場合。
      11. 財産状態の悪化、またはそのおそれがあると認められる相当の事由かおる場合。
      12. 利用者の事業の法人格、役員または幹部社員が民事訴訟または刑事訴訟の対象(捜査報道がされた場合を含む)となり、当社に不利益を与えたとき、またはそのおそれがある場合。
      13. 本サービス料金等の支払い債務の履行を遅滞し、または支払いを拒否した場合。
      14. 当社の提供する他の商品、利用者と当社の間で締結している本契約以外の契約において、当社より当該契約の解除がなされた場合。
    2. 本条第1項による本契約の解除は、当社の利用者への損害賠償の請求を妨げないものとします。
    3. 本条第1項により本契約が解除となった場合、利用者は、当然に期限の利益を喪失し、解除月の末日までの利用者が当社に対して負う一切の債務を、ただちに弁済し、且つ、解除月の翌月から本契約期間満了月までの本サービス料金に相当する金額を違約金として、ただちに、当社の指定する方法で支払うものとします。また、当社は、利用者から支払われた本サービスに関する一切の料金等を返還しないものとします。
    4. 本条第1項による本契約の解除に関し、本サービスの全部または一部が利用不可能となることによって、利用者ならびに第三者が被った損害等について、当社は一切責任を負わないものとします。
    5. 本契約の終了後と言えども、本規約に定める本条第2項および本項、同第十七条乃至第二十二条、同第二十五条乃至第三十三条、同第三十五条乃至第四十一条、同第四十五条乃至四十六条の規定の効力は有効に存続するものとします。
  2. 準拠法

本規約に関する準拠法は、すべて日本国の法令が適用されるものとします。

  1. 合意管轄裁判所

本サービスの利用に関して利用者と当社の間に係争が発生し、訴訟により解決する必要が生じた場合には、訴額に応じ、札幌簡易裁判所または札幌地方裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所とします。

 

以上

20150111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別紙1 禁止事項

 

  1. 他の利用者のID、パスワードを不正に使用する行為。
  2. 著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権その他、第三者の権利を侵害する行為。
  3. 当社または第三者に対する差別・誹誇中傷または名誉・信用を毀損する行為。
  4. わいせつ等公序良俗に反するもの、青少年に有害と思われるもの、ポルノまたは虐待に関する画像・映像・音声・文字等の掲載および収録媒体等の物品販売等をする行為。
  5. 他の本サービス利用者または第三者の個人情報を売買または譲受にあたる行為、またはそれらのおそれのある行為。
  6. サイト上で、著しく事実に相違し、または実際のものよりも著しく優良であり、もしくは有利であると人を誤認させるような内容を表示する行為。
  7. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘および運営する行為。
  8. 有害なコンピュータプログラムの送信等、当社による本サービスの提供または他の利用者による本サービスの利用に支障を生じさせる行為。
  9. コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、通信機器の機能を妨害、破壊、制限するようにデザインされたコンピュータウィルス、コンピュータコード、ファイル、プログラム等を頒布する行為。
  10. 迷惑メール、スパムメール、無限連鎖講等不特定多数の者に対して、その意思に反し、もっぱら勧誘・営利等を目的とし、電子メール等を利用し時報発信をする行為。
  11. 他人になりすましで情報を送信、受信または表示する行為。
  12. 他の本サービス利用者、第三者もしくは当社が入力した情報を不正に取得・漏洩・改ざんする行為。
  13. 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類以する行為、および公職選挙法に抵触する行為。
  14. 第三者に対し、無断で広告・宣伝・宣伝勧誘等の電子メールを送信する行為、受信者が嫌悪感を抱く電子メール(嫌がらせメール)を送信する行為、または犯罪幇助のおそれのある電子メールを送信する行為。
  15. 送信元が架空のアドレスによる電了・メールを送信する行為、または番号順やアルファベット順等ランダムに生成した電了ツールアドレスに対して電子メールを送信する行為。
  16. 犯罪を教唆または幇助するサービスの提供を行う行為。
  17. 法令に違反する行為や公序良俗に反する行為、もしくはそれを教唆または幇助する行為。
  18. 当社の利益に反する行為。
  19. 当社が不適切と判断する行為。
  20. その他法令に反する行為。
  21. その他、当社が取扱を禁止するサービスを提供する行為。

 

 

 

以上

20150112

 

 

別紙2 申込者のサイト掲載情報を当社の事業活動に使用する許諾条件

 

許諾者(申込時に、申込書にて、サイト掲載情報を当社の事業活動に利用することを承諾された申込者が対象となります。以下「許諾者」といいます)は、申込書および本許諾条件に基づき、当社に対して、サイトに掲載された許諾者の事業所・法人名、代表者名、経歴等を、当社の商品・サービス等の広告・宣伝・営業資料等に使用することを承諾します。

なお、当社の必要に応じて、当社のグループ会社等に再許諾できるものとします。

 

  1. (利用許諾)

許諾者は、当社に対し、サイトに掲載された許諾者の情報(以下「本著作物」といいます)につき、当社および当社のグループ会社(申込日以後に設立する会社を含む。)が以下に定めた条件に基づき利用することを無償で許諾します。

  1. (著作物の変更)

当社が本著作物の内容・表現またはその題号に変更を加える場合、当社は、あらかじめ、許諾者および著作者のいずれか一方または両者の承諾を得るものとします。ただし、本著作物の一部を使用する場合、許諾者の承諾は不要とし、許諾者は、著作者人格権を行使しないものとします。

  1. (保証)
    1. 許諾者は、当社に対し、本著作物が第三者の著作権、肖像権その他いかなる権利も侵害するものでなく、かつ、合法的なものであることをそれぞれ保証するものとします。
    2. 万一本著作物について第三者から権利の主張、異議、苦情、損害賠償請求等が生じた場合には、許諾者の責任にてこれを処理するものとします。
  2. (著作物の提供)

許諾者は、第1条の定めに従い、本著作物の全部または一部、その他の情報を当社に提供するものとします。なお、当社が許諾者より書面または電子メールをもって、本著作物の利用に関して報告を求められた場合、当社は、許諾者に対して、連々かに本著作物の利用状況を報告するものとします。

  1. (期間)
    1. 本許諾の期間は、本申込目より1年間とします。
    2. 本許諾の期間満3ヵ月前までに、許諾者もしくは当社が、相手方に対し、文書をもって本許諾終了の意思表示をしないときは、本許諾はさらに1年間延長されるものとし、以後も同様とします。
  2. (中途解除)

許諾者もしくは当社は、本許諾の期間にかかわらず、相手方に対して、書面による3ヶ月前の予告をもって、本許諾を解除することができるものとします。

  1. (契約終了後の措置)

本許諾の終了した時点で、本著作物を掲載した書類等に在庫がある場合、当社は、在庫分に限り、当該書類等を利用することができるものとします。

  1. (秘密保持)
    1. 当社および許諾者は、取引を通じて知りえた相手方の業務上の機密を相手方の承諾を得ないで開示または漏洩してはならないものとします。
    2. 当社は、許諾者の書面による事前の承諾がないかぎり、アクセスログを機密情報として取り扱うものとします。
  2. (協議)

本許諾に定めのない事項、または本許諾について、当社および許諾者の解釈の異なる事項については双方誠意をもって友好的に協議の上解決するものとします。

  1. (管轄)

本許諾について訴訟の必要が生じた場合には、札幌方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

  1. 本著作物の内容

サイト上に掲載されている許諾者の写真・記事等、全ての情報

  1. 利用許諾の対象者

当社および当社のグループ会社(本許諾日以後に設立する会社を含む。)

  1. 本著作物の利用許諾に関する事項
    1. 許諾の期間または回数
      1. 許諾の期間については、第五条記載のとおり
      2. 許諾の回数については、特に制限を設けません。
    2. 利用許諾地域

日本国内に限ります。

  1. 許諾される利用態様(権利)
    1. 当社が運営するWebサイトヘの複製・公衆送信すること。
    2. 本著作物を事業・営業活動に使用すること。
      1. 当社の営業活動に利用するための営業資料への掲載
      2. その他、当社の事業活動を紹介する資料への掲載
  1. その他の利用方法
    1. 許諾の独占・非独占

許諾者の当社に対する上記の利用についての許諾は、非独占的な許諾とします。

  1. 著作者、著作権者表示

許諾者が別途指定するものとします。ただし許諾者の指定がない場合、当社に一任したものとします。

  1. 宣伝・広告・ホームページサイト・本著作物・氏名等使用権、資料の請求権

許諾者は、必要な場合、本著作物を使用した資料等の提供を当社に求めることができるものとします。

  1. 著作権侵害に対する対応

第三者が本著作物の著作権を侵害した場合には、当社および許諾者は、互いに協力してこれに対処するものとします。

以上

20150112