スマートフォンはなぜマーケティングにおいて良いとされるのか!?

驚くべきスマホの優位性!

スマートフォンはなぜマーケティングにおいて良いとされるのか!?
スマートフォンはなぜマーケティングにおいて良いとされるのか!?

「毎日スマホを使う」人が40%に達し、
「テレビ」の27%を大きく抜く
「パソコン」は22%(google調べ)

スマートフォン40%

上記のことから、スマートフォンはテレビ、パソコンと比べ利用される頻度が高いことが分かります。

やはり常に持ち歩いている事に加え、起動するわずらわしさがなく、いつでもどこでも気軽に情報を得られるスマートフォンの支持は高い結果となっています。

つまり毎日見られるスマートフォンだからこそ上手く情報発信できれば、それだけ情報を広められるという事です。

WEBマーケティングから、アプリマーケティングの時代へ

WEBマーケティングから、アプリマーケティングの時代へ

マーケティングのために、毎月いくら使っていますか?
ホームページやランディングページ、キャンペーンページ、そしてメールマガジン・・・
メールアドレスを取得するために、たくさんのお金を使い、苦労して取得したメールアドレスに情報を送っても反応無し・・・
こんな無駄な事を繰り返していませんか?

プッシュ通知なら開封率50%以上

メールマガジンは開封率0.1%以下です。

プッシュ通知なら、開封率は50%以上!

今、大手企業ではオリジナルアプリを使った顧客の獲得&囲い込みが主流になっています。

【漫画】集客で成功する人、しない人の違い「何が両者の明暗を分けたのか?」

【漫画】集客で成功する人、しない人の違い。
「何が両者の明暗を分けたのか?」

集客方法の違いでここまでの差

①むかしむかし桃太郎はイベント用のアプリを制作し着々と仲間にインストールさせていきました。

桃太郎「おれのアプリできたからインストールしておけよ!消すなよ!」
桃太郎「アプリインストールしておけよ」

②一方、鬼はポスター、DM、メルマガなどで仲間集めに奔走していました。

一方鬼は仲間集めに奔走していた

③数日後、桃太郎は鬼退治イベント告知をプッシュ通知で仲間にお知らせしました。

桃太郎「そろそろ鬼退治イベント時期かな~。桃太郎アプリで通知でも送るか。」
イベント開催時期アプリでプッシュ通知

④桃太郎の仲間にすぐにイベントの通知が届きました。

桃太郎の仲間たち「桃太郎アプリからお知らせだ!」
アプリからお知らせが着た!

⑤一方鬼は相変わらず仲間集めに奔走していました

鬼「仲間集まらねぇ~メールもDMも返事が無え~もしもし俺の仲間募集メール見た?あ?宣伝メールじゃねぇよ!迷惑メールじゃねぇよ!いいから来いよ!」
仲間が集まらねぇ~

⑥GPS機能で仲間たちは迷うことなくイベント会場へ

桃太郎の仲間たち「もしもし桃太郎さん!今、アプリの地図機能で向かってます~」
GPS機能で地図の場所に向かいます。

⑦いざ決戦!

桃太郎「なんか集まりすぎちゃったなぁ~そっち2人?」
なんか仲間が集まりすぎちゃった

⑧桃太郎チーム大勝利!

桃太郎「余裕だねぇ~」
鬼「多勢に無勢だ・・・」
桃太郎チーム大勝利

⑨両者の違いを分けたのは時代の流れに合わせたツールの使い方でした。

桃太郎「またイベントある時はアプリでお知らせするからな~」
鬼「お、俺もiPletに申し込もう・・・」
iPlet申込

⑩鬼のようになりたくない方はこちらよりお申し込みください。

 

【必須】会社名 【必須】フリガナ
【必須】住所 郵便番号(住所自動)
住所1
住所1以降
【必須】電話番
     FAX番号
【必須】メールアドレス
【必須】担当者名前 【必須】フリガナ
【必須】担当者電話番号
【必須】担当者メールアドレス
【必須】コース  スタンダード エンタープライズ
【必須】iPlet利用規約  同意する 同意しない
     質問

4つの大きな変化(4.コンテンツの変化~スマートフォンの出現により革命が~)

4.コンテンツの変化~スマートフォンの出現により革命が~

オンラインからオフラインへ
店舗がアプリを持つ時代になり、020マーケティングをするようになってくる。
「え?お店のHP無いんですか?」 → 「え?お店アプリ無いんですか?」の時代へ。

4つの大きな変化(3.マーケティングの変化~主役が企業から消費者へ~)

3.マーケティングの変化~主役が企業から消費者へ~

ワンtoワン マーケティングターゲティング広告
消費主導権の変化は、マーケティングの役割も変化させています。
生活必需品のいきわたっていない新興国は、大量生産・大量消費のフェーズと言え、この場合、マスマーケティング・マスコミュニケーションが効果的ですが、先進国では個々に合わせた差別化フェーズにあり、ワンtoワンマーケティングが求められています。(リスティング広告など)
先進国は人と違うものが求められるため、O to Oコミュニケーションが求められる