スマートフォンはなぜマーケティングにおいて良いとされるのか!?

驚くべきスマホの優位性!

スマートフォンはなぜマーケティングにおいて良いとされるのか!?
スマートフォンはなぜマーケティングにおいて良いとされるのか!?

「毎日スマホを使う」人が40%に達し、
「テレビ」の27%を大きく抜く
「パソコン」は22%(google調べ)

スマートフォン40%

上記のことから、スマートフォンはテレビ、パソコンと比べ利用される頻度が高いことが分かります。

やはり常に持ち歩いている事に加え、起動するわずらわしさがなく、いつでもどこでも気軽に情報を得られるスマートフォンの支持は高い結果となっています。

つまり毎日見られるスマートフォンだからこそ上手く情報発信できれば、それだけ情報を広められるという事です。

4つの大きな変化(1.デバイスの変化~ネットアクセス機器の多様化~)

1.デバイスの変化~ネットアクセス機器の多様化~

スマートフォンの登場以降、ネットアクセスに利用するデバイスは急速に多様化し、スマートフォンの普及率は半数を超えました。

急速に多様化

2016年にはインターネット接続テレビも1500万世帯になるとみられ、映像コンテンツは、スマートテレビとネットテレビだけでも35%も見られると予想されています。

スマートテレビの普及で茶の間でのネット視聴や利用者総の拡大など、ネットの映像コンテンツや動画広告の重要性が増していきます。